いちたブログPC上




人生

【多動力こそが最強の勝ち方か?】身をもって体験したいと本気で思った話

投稿日:

今更ながら、堀江貴文さんの『多動力』を読みました……ではありません。

堀江さんの多動力の話、すでに昔の書籍でもその片鱗についてガンガン書いてますよね。
その上で、もう一度読みました(笑)

一太
結局読んでんじゃん

でね。
何が言いたいかって、やっぱりこれ最強の思考かもしれない……っていう話。

僕の足りない頭で、何度思考を繰り返してもこの結論にしかならない。

そして、それを必ずや実践もして結果として残したいので、あえてここで書かせて頂きます。

一太
一種の決意表明みたいなもんだ

考えについて書き記しておきたいと思うので、残します。

 

スポンサードリンク

 

多動力が本当に力を発揮する場面と本質

多動力に書かれてることを、めちゃくちゃ抜粋します。

 

『インターネット』と全てが繋がる世界がこれから更に進む。
そして、もう一つは『80%のことを3つ出来るようになれば、その人間の価値はめちゃくちゃ重要になる』と。

 

後の事については、ここでは割愛させて頂きます。

私が身をもって多動力の一番の肝を感じてる事があって、それを今から書きます。

一太
早く書けよ自分

 

ずばり『年月』です。

僕は今年の2月から動画編集を覚えたり、MMDの先生をつけたり、ブログを群として6本のメインブログを作る事にまい進しています。

 

で、自分の人生を顧みるに……こうだったんですよ。

『1つの事を終えて、次を習得する』

 

これって端的に言えば『動画編集を3年やって覚えた後にMMDを1年やる。その後はブログを6本作る』とこういう流れのはずなんです。

 

そうじゃなくて、全部同時にやる。

 

まさに多動力の話になりますよね。
だから、もう同時にやってるって話。

重ねた年月こそが最も貴いものではないのか?

youtubeを見ていてふと思ったんですよ。

どの人も、最低で『2年』くらいは下積みして当たり前なんですね。

天才的な企画で、数か月でのし上がる人間はいますが、天才は放っておきます。
僕は凡才でなんとかする話をしているので(笑)

年月だけは、貧富を問わずに全員平等。

 

そして、年月を積み重ねて何かすることでしか、人は結果を出せない。

一太
繰り返しますが、天才は放置します

 

なぜか?

『創意工夫』の時間が入ってないから。

 

僕のブログを例に出しますが、やはり運営半年にもなればPV数は安定してきます。
それと同時に、分析する事項も増えてきました。

やれリライトしろだの、ナウいトレンド記事を書くための情報を仕入れる、などなど。

これってさ、俺が今すぐ新しいサイトに1000記事をぶち込んで『はい完成!!!』ってもんじゃないんですよ。

 

『成功者は走りながら考える』という言葉があるように、走って考えてます。

じゃあ、この走って考えるのって1年で1個しか出来ないの?

それじゃ10年かかって10個の事を習得する事になる。

 

それって、果たして人生はそこまで余裕があるのって話です。

織田信長の戦略と『多動力』を重ねる

天下布武の織田信長氏は、あっという間に天下統一目前まで来ましたね。
その理由は簡単で『超優秀な部下たち』に他国攻めを任せていたから。

5つの方面指令軍を作って、そこに羽柴秀吉や柴田勝家、明智光秀といった優秀な武将を配置していた。

一太
キングダムで六将の話をしていますが、それとまんま同じ

 

要するに、信長(親会社)一人で全国を攻めたのではなく、子会社化して戦わせたわけですね。

これさ、常識で言えばこうでしょ?

『右を攻める時は左は攻めず。左を攻める時は右を攻めず』

 

周知のとおり、信長の天才的な戦略は功を奏した。
天下統一をしたのは秀吉だけれども、誰がどうみても信長の時代で終わってます。
(小牧長久手みたいな事は信長相手だったらなるわけないわけだし)

 

僕は、他動力がこれと全く同じだと思う。

要するに『自分のリソースとやり遂げる覚悟』さえあれば、今日から声優やりながらギターを弾いて、イラストを描けばいい。

3つですよ、3つ。
この3つが出来たら、凄いよね。

で、人はこう思うよね。
『中途半端になるから止めた方がいいよ』って。

一太
俺も言うもん

 

でも、それが大間違いじゃないの?

 

中途半端の定義ってそもそもなに?

人はそう言いますよ。
そりゃそうだよ、同時に3つも4つもやるなんて頭おかしいですよ(笑)

じゃあ、その言葉そっくりそのまま織田信長さんに言ってきてください。

 

……というと、僕は『織田信長並みに天才なのか?』という議論のすり替え的になりそうなので、やめておきます。

しかし、こんな『多動力』なんて言葉に惑わされたりするから、なんか『いっぱい色んな事やるのってすげーんだ!!』と思うかもしれない。

その本質なんて、みんなやってるだろって話です。
そこら辺の小学生でもこうですね。

 

①学校行く
②友達と遊ぶ
③休みの日は工作とかゲームとかする

 

3つやってんじゃん。

でも、人はこれを『3つも4つもやるなんて中途半端になるよっ!』とは一切言わないよね。

そもそも『中途半端』って何を指してるの?

僕が前述した項目で言えば、今これをやってます。

 

・動画制作(依頼を含めて)
・MMDの制作
・ブログ制作(今のメインたる多動力)
・アフィリエイト用ブログ制作
・新しいサイトのコンサルティング
・Youtube
・秘密②(っ´ω`c)

 

この全てに言えますが、どこがどうなれば『中途半端=失敗』となるんですかね。
その定義って、あなたと僕では全然違うはずです。

ってことはだ。

親親族嫁兄弟友達先生に『中途半端になるからやめなよ』って言われてる事自体がおかしいのです。

中途半端になるの本当の意味とは?

中途半端になるの本当の意味は、『中途半端に途中で飽きて終えるんだから、やるだけ無駄になるよ』だと思うんです。

つまり手を出したのはいいけど、3か月もしない内にやめるよ。だから時間の無駄だよ。

って事ですよね。

 

じゃあ『一度手を出したなら、納得いく結果が出るまでは辞めなければいい』ってだけの話じゃないですか?(笑)

先ほど書いた通り、年月に比例して価値が生まれていくことが世の中の大半なわけだ。
ってことは、今すぐ全部始めるくらいの勢いじゃないと、結果が出るのが数年どころか10年先になる。

 

目先の事で一番大事なことを進めることは大事だけど、仕込んでおくという意味で他の事も同時にやらないといけない。

それが多動力ではないのか?と僕は思うんです。

 

多動力が成功した際の爆発的な恩恵

僕は作家兼ブロガーとして、今ブログに注力を注いでいます。

6本作る予定で、現在3本のメインブログを同時運営しています。

こんなことはブロガーだったらみんなやってる事ですが、めちゃくちゃきついです。
っていうのも、3サイト共に『メインサイト』だと言い切ってるんですから、更新数だって多くなるでしょ?

記事ですよ記事。
めちゃくちゃ書かんとあかん。

これにプラスして、後3本のメインサイトを作ります。
この6発は、一生死ぬまで更新かけるっていうレベルに作りこむサイトのことです。

これにプラスして他にもやってますよね。

全部の結果で、まともな戦果が得られてるのはこのいちたブログと、もう2本だけです。
他のは微々たる収入か、逆にこっちがお金払ってるだけのパターン。

しかし、先を見据えた場合。

2年後に、今やってることが全て芽が出てきたらどうなるのでしょう。

おそらく『祭り』になりますね。

一太
まさにこのブログのタイトルにふさわしい祭り状態

あっちもこっちも引っ張りだこで、仕事がわんさかあって稼ぎもすげぇ事になるわけで。

どうせ下積みするんだったら、今からやった方がよくね?というだけの話なんです。
それを長く理論立てて書いただけです(笑)

武井壮さんこそ有言実行の漢

1日1時間だけでいいから違うことをやれば、1年で365時間も人より違うことを覚えられる。

武井壮さんはまさに有言実行して、あれやこれややってますよね。

この前お会いした社長さんがビリヤードが好きな方で、僕もビリヤードが好きなんで話してたんです。
その方が『池袋に武井壮さんはしょっちゅう練習来てるよ』と話していて、驚きました(笑)

数か月で強くなって、今じゃ勝てない…とぼやいてましたね。
ビリヤードの話を聞いたのが1週間前で、昨日のニュースがこれですよ。

※ヤフー様

武井壮、マスターズ陸上で再び金メダルも世界新ならず「本当に悔しい」

超人です。
この人が戦国武将だったら、他の国なんて余裕で刈り取られてるんだろうな…。

多動力をまさに実行してる漢、武井壮。

彼を見習って、僕も出来得る限りのリソースを色んな事に『同時に』使いまくりたいなと思います。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



デスクワーク高速化!

1

  どうもこんにちは、一太(@ichita_ev)です。   お仕事高速化について余念がない私がオススメする最新のツールをご紹介します。 (※随時更新中) +アルファで『知っておい ...

-人生
-,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.