いちたブログPC上




生活 雑学集

韓国料理はなぜ辛い?その理由は日本の歴史のせい!?

更新日:

韓国料理ってどうして辛いものばかりなんでしょう?

グツグツ煮えたスンドゥブチゲにトッポキにキムチ。

たっぷりの唐辛子で真っ赤に染まった食材の数々…。

韓国料理の辛さが苦手な日本人は多いのではないでしょうか?

でも実は韓国料理のあの火を噴くような辛さをの発端となったのは「日本人だった」という驚きの説があるのです。

 

スポンサードリンク

 

日本のせいで韓国料理は辛くなった?

もともと唐辛子は中南米原産の香辛料です。
15世紀の大航海時代にヨーロッパ人が持ち帰るまでは、ヨーロッパや東南アジアには一切存在しなかったものでした。

16世紀中期に朝鮮半島へ唐辛子が入るまでは、なんとキムチの色も今のような赤色ではなく白だったのだとか。

当時のキムチは日本の白菜漬けのようなもので、野菜を塩漬けにして発酵させて作られたものです。
現在でも「白キムチ(ペッキムチ)」というものがありますね。

昔は唐辛子の入った赤いキムチではなく、朝鮮半島のキムチはみんな白いキムチだったということに驚きました。

 

では一体なぜ真っ白キムチの平和な国が、地獄の赤~いキムチに変わってしまったのでしょうか?

それは16世紀末の豊臣秀吉の朝鮮出兵の時だと言われています。
日本の兵士が朝鮮半島のあまりの寒さに、履物のつま先に唐辛子を入れて冷え対策をしていたことが、朝鮮に唐辛子がもたらされた始まりだったのです。

これを書いていてふと思い出しました。

まだ幼い子供の頃…つま先の感覚がなくなってしまうくらいの寒い日におばあちゃんがよく唐辛子を靴に入れて公園に連れて行ってくれました。
確かに唐辛子を入れると足先がポカポカしてまるでカイロを入れているみたいに暖かいんですよ。
(ぜひ冬場は試してみて下さいね!)

韓国料理と日本がはるか昔にこういった形で関わっていたのは驚きですね。
でもあの辛さ…はっきりいってやり過ぎです(笑)

 

韓国人って辛いものに対して耐性でもあるんでしょうかね?

辛いものが苦手な私としては毎日のように激辛料理を食べている韓国人の体の構造が不思議で仕方ありません。
そんなに辛いのが好きなの?とついつい聞いてみたくなるほどです。

ということで「なぜ韓国人は辛いものが好きなのか?」についても調べてみました!

 

激辛料理を好む韓国人の意外な理由とは?

世の中、激辛ラーメンや辛さレベルマックスの真っ赤なカレーにハバネロソースなど日本人でも激辛料理大好きな人がいます。

日頃から辛いものを食べている本場の韓国人はどうなんでしょう?

 

キムチを毎日食べる人もいると聞きますし、辛さの度合いはそれぞれあるかと思いますが、日本の文化とは違って韓国の食卓には辛いものが並ぶことが多いでしょう。

韓国人はなぜ辛いものが大好きなのか。
実はあの辛さで色んなものを撃退していたようなんです!

 

まず1つ目は単純に寒いからと言う理由。

最初にも紹介したように、朝鮮半島の寒さは日本の兵士が履物の中に唐辛子を入れるほど。

辛いもので体が温まるというのは日本人も韓国人も同じです。
気温の低さに負けないよう「寒さを撃退!」と言う意味で辛いものを習慣的に食べているとのことでした。

そしてもう1つ目はなんと疲れやストレス撃退!』のため。

 

え! 辛い物にそんな効果があるの?

 

そう思った人も多いのではないでしょうか?

詳しく調べてみたところ、どうやら人間の体は辛いものを食べると、その刺激で一時的にストレスがまぎれるそうなんです。

刺激の強い辛いものを食べることでストレスを発散したり解消することが出来ます。
そして幸せを感じようとするエンドルフィンといった脳内物質が分泌されるんですね。

現代社会ではストレスを抱える人がとても多いです。
学生から社会人、おじいちゃんおばあちゃんまで何かと色々な問題やストレスを溜め込んでいることでしょう。

あなたもストレスで心が押しつぶされそうになった時、ちょっとでもこの記事の内容を思い出してみて下さい。
韓国人のあの元気やパワフルさの秘密は、実は日頃から辛いものを食べてストレスを発散しているからなのかもしれませんね。

また、「おいしい」「美容にいい」「ダイエットに効果がある」など韓国料理には色々なメリットがあるようです。

辛いものが苦手な人も、本格的な激辛韓国料理からではなく、まずピリ辛レベルのものから徐々に食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-生活, 雑学集
-, , ,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.