いちたブログPC上




ゾっとする話 一太の〇〇な話

栃木『鬼怒川温泉』のゾっとする話

投稿日:

これは僕が数年前、栃木県の鬼怒川の方に遊びに行った時のお話しです。

 

その当時付き合っていた彼女と、車で泊りがけの旅行に。

うきうき気分で渓流釣りとかを楽しんでいると、帰りに旅館に戻ろうかという話に。

栃木でも、鬼怒川の方ってかなり道路が特殊な感じなんですよ。

※グーグルマップ

 

 

このように、山しかない。

メインの道路が2、3本あって、後は周りは山に囲まれている天然の要害です。

 

その時、僕の車のナビゲーションで旅館の情報を検索しました。

鬼怒川の渓流釣り場から、その宿まで約20分ほどで到着予定だと表示された。

 

「もう20分で着くね~」

「うん、汗かいたから旅館ついてお風呂入りたいな」

というような会話を、彼女と繰り広げていたことをまだ覚えています。

 

運転をしていると、ナビゲーションが『ここを右折してください』というようなことを言い始めました。

(あれ、おかしいな……。来た時はこんな道通ってないんだけど…)

 

と思いながらも、重度の方向音痴な私はナビに頼ってそれを信じました。

ショートカットなんだろう、と気楽に考えていたんです。

 

まず、入り口が山の獣道だったんですね。

 

彼女も「こんな所来たっけ?」と言いましたが、僕も「こっちの方が近いんじゃない?」というような返し。

で、この道がとにかく凄いんです。

※このイメージ図に近いです

 

車の轍があるんですけど、そこに水が溜まってじゃぶじゃぶと音もするし、ものすごい揺れる。

軽自動車の私の車なんかで入ってくる場所じゃなかったんですね。

さながらジェットコースターのように揺れながら、ゆっくり運転していくんですけど……。

 

途中で、右側に変な小屋を見つけたんです。

山岳部の経験がある私は、それが町の山用の連絡小屋のようなものだと気づきました。

 

これがあるって事は『普通の道』じゃないと段々と気づいてきたんです。

流石に10分、20分も走っていたら……。

 

「ねぇ、おかしいよね……どうして山に繋がってるの…?」

と彼女は怖がる様子。

 

運転する僕も、おかしい事にはとっくに気づいてたんです。

でも、引き返そうにもちょうどいい広さのスペースがないんですね。

仕方ないから前に進まされてる状態が続いていて、段々と周りも暗くなってくる。

 

本当に恐怖を感じ始めた時、やっとUターン出来るスペースが見つかってすぐに引き返すことに。

 

片道30分くらい、ゆっくり走ってきた道をもう一度ゆっくり引き返す……。

これだけで60分間、山の中にいることになりますよね。

 

そもそも、こうなった原因はなんだ!?と思い返したらナビが悪いわけで。

僕は、一般道路に出たらすぐに路肩に車を止めて、ナビゲーションを操作し始めました。

 

それが……。

栃木の山奥の、最深部に行くようなルートを指示していたんです。

 

 

このナビは2010年頃のナビで、古い情報で構築されている。

しかし、僕たちの目的の旅館なんて2010年より前にあるはずなのに、なぜこのルートで行けと指示をしたのでしょうか……。

 

変な汗に身を包まれながら、旅館に着いた私は、開口一番旅館の受付の方にこう聞きました。

 

「さっき、●●という渓流釣り場からここに来ようと思ったら、変な山道に入れられたんですけど……」

「ああ…それは大変でしたね。また……あったんですね……」

 

ま た …?

 

またって何??

 

「この辺りはたまにナビゲーションが山道を指示するっていう事があるみたいで、遠方から来たお客様がそうおっしゃることが多いんです」

「ちなみに、その道を行けばどうなってたんですか?」

 

 

「あれ、途中の看板に気づかなかったんですか……?」

 

 

一段トーンを下げた店員が、私にこう言いました。

 

 

 

 

 

「通行止めで、山の頂上付近で止まりますよ」

 

 

もし、あのまま進んでいたら……。

ろくなUターンポイントも無くて、強制的に暗い森を走らされていたかもしれません……。

 

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ゾっとする話, 一太の〇〇な話
-

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.