いちたブログPC上




健康 雑学集

【ルームランナーが拷問器具だった!?】刑罰に使われていたのが元ネタ

更新日:

ルームランナーが元々拷問器具、なんて想像つきませんよね。

ジムに行ったらこれ!というくらい、老若男女問わずに走ってます。
私も使った事がありますが、10分走るだけで息が切れます。

 

このルームランナー(アメリカではトレッドミル)は、『踏み車』という名前でした。

http://museum.town.mizumaki.lg.jp/siryosyousai.html?sno=1243&prv=syuzoko

こういう形の水車とかありますよね。

そして最新のルームランナーが更にヤバかった…。

まさか『バーチャル』と連動しているなんて…!

 

スポンサードリンク

 

イギリスの監獄法がルームランナーの元ネタ

これはイギリスの監獄で使用されたのが一番最初の始まり。

1865年の監獄法で定められたのは『16歳以上』の囚人は最初の3か月間、こういった形の踏み車を行う必要がありました。

20世紀以降に監獄法が廃止されて、刑罰が無くなりました。

その後で、ワシントン大学の『ロバート・ブルース』と『ウェイン・クイントン』という教授が医療用のルームランナーを開発しました。

そこから私たちが知っている家庭版のルームランナーが発売されたり、進化を遂げていくわけですね。

 

最新のバーチャル映像を使ったルームランナー

ちょっとジムでトレッドミルを走っていた時に、思った事があります。

 

『テレビ観てるだけじゃつまらないし、音楽聴いてテンション上げて走るしかないな』

『……こういう時にVRとかねーのかな??ヘッドギアつけながら走って周りの風景が流れるとか…』

 

 

まさか、実現してると思いませんでした。

 

 

 

これ、凄くないですか?(笑)

世界各地を旅行しながらトレーニング出来るって、まさに一石二鳥!!

どんな面倒臭がりな人でも、これならやる気になるかも?

もうこの技術を利用して、バーチャルセットを付けた人の前に『バーチャルYOUTUBER』の皆様が応援してくれるのはどうですかね?

 

バーチャル文化を更に発展させてルームランナーへ!

 

バーチャルYoutuberの限定動画を、ジムで公開する。

動画の再生時間=走っている時間のみ

そうしたら、動画が見たかったら強制的に走るしかありません。
もしくは、VRで応援してくれるとか。

実際筋トレアプリに『萌え』を取り入れているところは多いですね。

ランニング応援ゲーム ねんしょう!2+

こういう感じのアプリです。
ツンデレで応援してくれたら、そりゃ痩せる!

先ほどのバーチャル景色変わる系なアプリケーションを開発したのは『MATRIX』という健康機器メーカーですが。

彼ら(米国)には『日本のkawaii文化』を綺麗に昇華させることは出来ません(笑)
なんだっけ、あれ、アメリカのコミックみたいな感じになりそう。

 

 

これじゃあ、やる気になりません。

アイアンマンに応援されても、トニー・スタークは機械の力を使って動いているので説得力がありませんね。

 

拷問器具→
バーチャル映像楽しめる→
女の子が応援してくれる→
バーチャルキャラクターが応援してくれる

 

こうなったらもう革命でしょう。

日本人の健康にはうるさいのに、実際やらせる時は『地方自治体』に任せたりしてるじゃないですか?

ジムと国とバーチャルが連動して、一大ムーブメントになればいいのに。

アニメでもいい。
女子の皆さんだって運動しないといけないので、おそ松さんとコラボして下さい。

 

キズナアイの限定動画が見たい→ジムに行く→健康&精力&活力アップ→少子化ララバイ

 

厚生労働省の健康担当の人、考えてみてください(笑)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-健康, 雑学集
-, , ,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.