いちたブログPC上




社会 雑記

【日本人評価サイト気にし過ぎ説】自分の感性を信じよう…?

更新日:

先日、こんなことがありました。

ご飯を食べに行く時、友人が『食べログで評価低いからやめておこう』と。

まぁ、確かに食べログとか参考にします。

誰だって、お金使ってまずい物なんて食べたくないですよね。

 

 

しかし、もう一度書きますが『参考に』します。

 

私は、参考にするとは言ったが、評価が低いからって行かないとは一言も言ってないです(笑)

友達に言いました。

 

『……ちょっと携帯見せて』

 

食べログの評価は確かにちょっと低めですが、注目したのは『コメント』です。

なんか変なクレーマー?みたいな人が書き込んでいたんですね。
もちろん最低の点数をつけて。

 

昨今、インターネットでお店を開くなら『口コミ』などのレビューが必須です。

という事は、近隣の店舗の人が『悪意のある書き込み』などをしている可能性も高いんですね。
っていうか普通にやってる人いると思うし。

『まずかったら俺が奢るから、いくべ』

と友人を引き連れていったら、マジで美味かった(´ε` )

日本人、評価サイト気にしすぎじゃないですかね?
(かくいう私も凄く気にしています…)

 

スポンサードリンク

 

評価サイトなんて確証は一切ない事実

書き込みの捏造がどこでも出来る時点で、まず評価サイトなんていう物は100%の機能を見せていません。

参考にしろ、程度であって、それが絶対的に正しいなんて訳は無いですよね。

分かってはいるけど、なんとなく気になってしまう……。

そして、たまに本当にその通りだったりすれば『レビューサイト』はやっぱり凄かった!
みたいな感じに思いますよね(笑)

 

だからこそ、使い方次第だなと思っています。

 

☆の数とか点数とかいう基準をやめて欲しい

数字があればなんとなくそれを意識してしまうのが人間というもの。

 

特にですね、レビューで『80点』みたいな、ちょっといい点数なんだけど…という場合や、73点みたいな点数。

意外とこういう所にいいお店や、いいアイテムというのが隠れていたりします。

 

だから、もう点数制度ナシにして『文章』だけで表現するってどうですか?

 

口コミの件数だけを載せて、内容の詳細は自分の目で見るようにする。

そこにクレーム染みた事が書いてあれば、冷静な目で『ああ、そういう人が書いたんだ』とか感じ取る事が出来ますよね。

 

小説投稿サイトのレビューは、その傾向が強いですね。
(点数はありません)

 

自分の価値観を大切にしたい

漫画やアニメ、ゲームなんかで『クソゲー』と言われるものがあります。
点数がやたら低かったり、レビューでも『画質が悪い!』みたいな書かれ方をしていたり。

 

しかしですね、当たり前の事を書いていいですか?

画質が悪い、という人が昨今見受けられますが、本当に画質って良いに越した事ないんですかね?

例えば、こういうゲームがあったとします。

 

RPG『なんちゃらストーリー』

・映像…10
・シナリオ…6
・音楽…5
・キャラクター…7

 

これで、自分が重視してるのって『ストーリー』だったりしませんかね?

映像重視の人はこういうゲームでいいですが、そうじゃない人だって沢山います。

総合的には点数が低くなってしまうが、内容が実は素晴らしい。

特に私は『ゲーム音楽』が大好きで、サントラとか結構買っちゃうタイプなんです。

ストーリーがいまいちでも、盛り上がる音楽があればやりたいなっていう所があります。

 

でも、総合点が低いから良い物を見つけられない、みたいなのがちょっと困るんですよ。

まぁ評価サイト側も考えているので、ソート機能などで抽出できるようにはしていますけど。

 

自分の感性が一番…?

最終的には自分の価値感で、物事の良し悪しに関しては判断します。

もっと自分の採点に自信を持っていいと思うんです。

私たちは全てにおいて専門家でもないですし、好き嫌いだけで決める場面も多々ありますね。

そんな時、人がどう思っても自分の価値感で『これは良い!!』と思う事も現代人には必要かなと。

レビューサイトの使い方には気を付けて見ましょう(^▽^;)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-社会, 雑記
-

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.