いちたブログPC上




ご紹介 マインド術 人生 創作コラム

【シンプルイズベストが最強】何にでも通用する最強の創作術を『賭ケグルイ』の河本先生に学ぶ

更新日:

シンプルイズベスト、という言葉があります。

私はその逆で、小学校~高校生、浪人生、大人になった20代前半まで、
参考書などには『七色のマーカー』でマーカー引きまくっていた人間です。

シンプルに大事な所だけを抽出して、黄色いマーカーでピっでいいんですけど…。

やっと最近になって『シンプルイズベスト』の言葉が分かってきたような気がしています。

 

もちろん気づいた原因は『創作』ですね。

創作、特に小説とかあるじゃないですか?

私たちが思っている以上に、名作と呼ばれる作品って実は『ごちゃごちゃ』してないんですよ。

漫画もアニメも小説も、一つの物語なので、魅力的なキャラクターとか沢山います。

 

しかし、その実って、実は超シンプルなんです。

コナン君を引き合いに出しますが、あれって『大人が小学生になって推理する』だけです。
他にも『時計型麻酔銃』とか『黒の組織』とか沢山要素はありますが、本当に突き詰めるとそれだけです。

 

私は林先生や他の成功者の本を読んで、とにかく『分解する』という癖をつけるようにしています。
何事も解きほぐしてみれば、単純な事の積み重ね、という事に気づきました。

ここでは『賭ケグルイ』の作者、河本ほむら先生の著書についても少し触れたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

シンプルイズベストの考え方は、本質を掴む訓練にもなる

あまり好きじゃない人もいると思いますが、私は『要するに~』と『本質は~』という言葉が好きです。

人って、感情が入ればあれやこれや付け加えたくなりますよね。
特に対人関係に多いのですが、例えば。

 

『あの部長がこうこうこうで、凄いイライラする!私は残業して毎日頑張ってるのに、なんで認めてくれないの!?この前も…』

 

という具合に、感情モロだしになってしまいます。
愚痴として聞く分にはいくらでも言ってくれ、と思いますし、自分も感情が入ればこういう言い方になります(笑)

しかし、その本質は『私がまだ未熟だから部長に怒られた』なのか『部長はマジでパワハラ野郎だ』という具合になりますね。

もう一つ例を出しますが、例えば『小説家になりたい』という漠然とした人が居るとします。

その人が考えているのは、こういう感じ。

 

とにかく恋愛が書きたいんです。
自分の体験を恋愛の妄想に乗せて文章にしたいんです。
でもまだ書き方とかよく分かってないんですけど、どうやって恋愛書いたらいいんですか?

 

大体、こういう感じで小説書き始める人も多いです。
私もその口です。

しかしですね。

『着地』はどこなんですか?

『恋愛小説』を書きたいのは分かりました。

 

その着地(目標)は?

 

日記みたいに書きたいの?
オンラインサイトで発表したいの?
オンラインサイトで発表するとして、どういう作品があるか人気の作品知っていますか?
あなたは誰のどういう小説に影響されているんですか?
文章を書く前に、まず小説って結構読んでいますか?
人気になりたいとか思っています?趣味程度でいいですか?

 

シンプルイズベストで考えるなら、要素をとにかく抽出しなければなりません。

自分で自問自答を繰り返して、上記の事柄にこういう答えが出たとしましょう。

①本はあまり読んでない。
②好きな作家は●●先生です。
③オンラインサイトで同系統の作品も調べていない。
④最初は趣味程度でいいです。

 

例えば、こういう答えが出たとしたら、まず『①と③』について軽く調べるべきです。
並行作業でもいいので、小説を書く。

小説を最初に書く時、シンプルに考えられないで『あの先生みたいな作品が書きたい!』となる。

そこを改善して、とにかく自分の考えを崩して崩して要素だけを抽出したら、行動の指針が見えてきます。

 

常に『これは何がどうなってるんだろう?』という疑問を持つようにすれば、シンプルイズベストになっていくのではないか?と考えています。

何事にも疑問を持つこと、というのは成功者がほぼ全員考えている視点でもあります。

 

オススメ書籍のご紹介『2つの夢を叶える方法』

私はシンプルイズベストの逆を行っている人間(でした)

とにかく描く絵が大きすぎて、すぐに萎えるのが私、一太という作家の人間性(でした)。
今でもその気配はありますが、めっちゃ色々考えちゃうんです。

 

『この小説にあのキャラを出そう!あの仕掛けを出そう!あのオチを使おう!』
『いいぞ!!これはいい作品だ!』(アドレナリンが出てるから、興奮状態)

 

確かに、夢はでかければデカイほど、叶えがいがあります。
絶対大きい方がいい。

誰だって、将来はしがないサラリーマンをやりたいです、なんて小学校の卒業文章に書きません。

しかしですね、シンプルに夢を叶える為にやること、というのを崩さなければ、マジで絵に描いた餅なんですね。

この方、ご存知ですか?
『賭ケグルイ』という漫画の原作者様で、『河本ほむら』先生です。

 

『漫画原作者』と『弁護士』の夢をほぼ同時に叶えたという天才作家様です。

(※引用 ポプラ社 『2つの夢を叶える方法』より)

 

この本1冊読めば、全ての夢が叶うんじゃないか!?と勘違いしてしまいそうなくらいの内容です。

濃すぎて、全部紹介しきれません(笑)
本当に申し訳ないのですが、超抜粋させて頂きます。

『夢を叶えるオレ的三段論法』

・夢→自分→方法

・夢…何がやりたいか
・自分…(周囲と比較して)何ができるか、何が必要か
・方法…何をやるべきか

 

すっごいシンプルなんですよ。

もうね、本当に世の中の成功者、意識してるか無意志なのか問わず、全てこういう行動に基づいていると言っても過言ではないと思う。
(河本先生も同じことを書いていましたが、これに関しては本当に私もそう思います)

わざわざここで例えるのもアレですが、こちらのでそれ系の記事をご紹介しています。

『逆算の哲学』林先生が語る成功者のやり方

『逆算の哲学』 というのを私は実生活で取り入れてから、大きく変化した事を実感します。 よくビジネス書なんかで書かれていて、かつ私が大好きな林修先生が著書でも語っています。   『逆算の哲学』 ...

続きを見る

 

とにかく着地(夢)が漠然とし過ぎている人が多すぎる。
(私もしょっちゅうそういう現象が起きています)

だから、何をすればいいか分からなくて、寝て起きたら忘れるんですね。

河本先生は、二つの夢(弁護士、漫画原作者)を同時に叶える為に、スケジュール割り等工夫されていました。

私たちも同じように、シンプルにシンプルに、自分がやりたいこと、やるべきこと、手段などをシンプルに考える事が必要だと思います。

特に今は大情報化社会ですから、変な情報に惑わされずに、自分の頭で考える事が必要とされているかもしれません。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ご紹介, マインド術, 人生, 創作コラム
-, ,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.