いちたブログPC上




社会 雑記

【ソフトバンクの吉野家サービス】タダより怖い物はない?という格言はどこに行った

更新日:

ソフトバンクの吉野家行列問題が凄い事になってますね。

バス通りに面した店舗だと、吉野家待ちの人が多くてバスが全然進まなかったとか。
行列が半端ない事になってて、1時間待ちは平気だとか。

世の中が変わったんだな、とハッキリ認識出来ます。

そんなに待って食べたいですか?
吉野家の牛丼って(笑)

ちなみに、私は牛丼屋では吉野家さんの大ファンです(*‘∀‘)
確かに美味しいし、無料で食べられるなら食べたい。

ただ、待っても10分。

10分待ってもらえるなら、まぁどっか行った帰りに食べようかな?とは思える。
それ以上待つとなると、話が違う。

キン肉マンが『安くて早くて美味しいよ』みたいな事言ってたと思うんですけど、早さはどこ行ったの?(笑)

スポンサードリンク

本当に不景気なんだなと再確認する

ここまでして並ぶって、本当に不景気なんでしょうね。

ただね、ネットの意見でも書いてる人沢山いましたけど

『1時間待って1杯貰うなら、バイトして後日買った方が良くね?』

その通りじゃないですか?
1時間800円だとしても、牛丼一杯350円くらいですか?

余裕でおつり来ますよ。
えっ、あなたの1時間は牛丼1杯と同じって事ですか?

中には『スマホでゲームしながら待ってればいいもん』とか言ってる人も見受けられましたけど。

どうせそれ、課金とか一切しないで無料でやってるんでしょ?

牛丼もタダ、ゲームもタダ。
そもそも牛丼1杯の為に大行列作ってる人たちを、まともな大人はどう見てるのかって考えた事無いんじゃないかなと怖いんですけど。

タダより怖い物はない?という格言はどこに行った

別に無料を批判してるわけでもなんでもなくて、そういうサービスを利用するというのは良い事だと思います。
ただし、物事には『程度』というものがあって。

1時間並んでもらう物なのかどうか?

という事を、なんか認識がずれてないのかなぁ、と疑問に持つんですよ。

これが例えば、1時間並べば大セールで1万円割り引かれる!とかなら私も喜んで並びます。
ただ、350円の牛丼なら働いた方がそれ以上の元が取れるので、やらないと言ってるだけです。

世の中が無料無料!という風潮になっているから、無料が当たり前のサービスになっていて、それに価値を見出す人間が凄く増えた。
その典型的な例が『漫画村』問題にもつながると思うんです。

【購入厨呼ばわり】漫画村問題について物申したい

今出版業界を恐怖に陥れているのは、そう『漫画村』問題ですね。 まるで公式サイトから思わんばかりのサイトの作りなのに、入ったら本屋さんで売られている漫画がずらーっと無料で読めちゃう。 今じゃ社会問題にも ...

続きを見る

無料無料で餌付けされたら、それに甘んじでばかりで無料以外の物に興味が無くなりますよね。

結論から言えば、別に無料に慣れてもいいし、無料を追い求めてもいい。

ただし、私は一つ言いたい。
どうしても言いたい。

 

無料脳になったら最後、自分も無料同然で使われる事になるのは間違いないと知った方がいい。

 

例えば、世の中の全てが無料になったら『やるだけ~遊ぶだけ~』みたいなノリですよね。
その最たる例が『スマホゲーム』であって、Youtubeの動画なんかも無料で観れます。

だから、何かを創作しようみたいな考えが薄れてしまう若者が今急増しています。

そして無料で享受しているのにも関わらず『クソゲー!』とか『面白くない漫画!』とか批判だけは立派な人間になってしまう。

果たして社会として、それを容認する事は可能なんでしょうか。
無料という事は、どこかに儲けのからくりがあるわけで。

無料で得られる物なんてなんの価値もない。
消費社会を推奨してる訳でもないですが、私は無料オンリー社会もどうかと思う。

『タダより怖い物はない』という格言は、どこに消えたのか不思議でしょうがない。

自分の命ともいえるお金を払って、映画館で映画を観る事でいつも以上に興奮という体験が身に染みるわけで。

『無料で観れるから』と無料の動画ばっかり見てたら、何も良い物なんて作れない。
少なくとも作家で無料無料で遊んでる人間を見た事がないのは、そういう事でしょう。

みんな金払っていい物を、よりいい作品を!と自分の血肉にするべく奔走しています。

これからの時代を生き抜く為には、無料脳にだけはならないようにしましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-社会, 雑記
-,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.