いちたブログPC上




健康 雑学集

体脂肪はどうやって測定されているの?スマホでも管理できるおすすめ体脂肪計から精度まで!

更新日:

 

最近の体重計には便利な機能がたくさんついていますよね。
筋肉量や骨量、基礎代謝や体年齢など様々な数値を測定することが出来ます。

特にダイエットをする人にとっては体重の次に『体脂肪率』が気になるのではないでしょうか?

見た目はそこまで太っていないと自分では思っていても、いざ測ってみると予想以上に体脂肪率が多くてショックを受けた…なんてこともあるはず(笑)

そもそも体脂肪ってどうやって測っているんでしょう?
体重の割合のうち一体どれだけ自分の体に脂肪がついているのか、果たしてその数値は本当は正確なのか…

体脂肪の数値がどうやって測られているのか知らない人は意外に多いのではないでしょうか?

体脂肪計の秘密は電気にありました。

 

スポンサードリンク

体脂肪の測定方法について

あなたの家には体脂肪計はありますか?
(ない人は家電製品売り場に並ぶ体脂肪計をイメージしてみて下さいね!)

だいたいの体脂肪計には、足を乗せる場所に銀色の板のようなものがありますよね。
実はここから電気が放出されて体内を駆け巡り、電気抵抗の数値を元に計算が行われて体脂肪率が算出されているんです。

ちなみにこれは生体電気インピーダンス法と呼ばれていて、市販されている体脂肪計のほとんどがこの方法を用いています。

もちろん流れる電気はとても微弱なものですから、人間の体では電気を感じることはありませんよ。

 

「え?どうして電気が流れると体脂肪率がわかるの?」

 

筋肉や血管など水分の多い組織→電流を通しやすい。
脂肪→電気を通しにくい。

 

なるほど、こういった性質を利用して体に電気を流しているんですね。
乗って測るタイプや握って測るタイプなどもありますが、いずれも測定の際には弱い電流を体に流すということは変わりません。

電気抵抗が大きければ大きいほど脂肪が多い、逆に電気抵抗が小さければ脂肪が少ない体というわけですね。

 

さて、もう一つここで気になるのは『本当にその数値が正確なのか…?』ということです。

 

体重はそのまま自分の体の重さがストレートに表示されますが、

体脂肪率は体の中のものですから本当に正しいかどうかは数値を見ただけではちょっとわかりにくいですね?

 

より正確な測定が出来る測り方とは!?モチベーションアップのおすすめ体脂肪計!

せっかく買うならしっかりと正確な身体情報が得られて精度の高いものが良いですよね?

たまに「同じ日なのに測るたびに数字がバラバラで信用できない!」と言った声を聞きますが、だからといってすぐに使わなくなってしまうのはもったないですよ。

 

実は正しい数値を測る時間というものがあるんです。

 

ほら、よく朝はキュっと引き締まっていた足が夕方になるとむくんでパンパンになる…といった経験はありませんか?

それと同じで人間の体内の水分量は常に一定というわけではありません。
特にデスクワークや立ち仕事を長時間していると、自然と下半身に水分が集まってむくみやすくなる人も多いでしょう。

だから同じ一日の中でも測る時間によっては数値がバラバラになってしまうんですね。

いつも自分の好きなタイミングで測っていては正確な数値は出ません。
起床後の体脂肪率が一番安定している時間帯がベストですね。

また最近ではスマホアプリと連動して、スマホ上で日々の体重や体脂肪率などを記録して管理できるものも販売されています。

健康管理やダイエットに役立つだけではなく、記録されたものを見ると運動継続のモチベーションもアップしますよね。

他にも、価格の安さを重視する人や健康管理だけが目的であれば基本機能だけのシンプルなもので十分です。

 

トレーニングをしている人でしたら体脂肪率だけではなく筋肉量測定がついているものや細かい単位で精密測定が可能なものがおすすめですね。

ダイエットをしている人は減量目標設定がつけられるもの、達成時のごほうび表示機能がついているものなど、多機能満載のモデルを選んでみてはいかがでしょう?

 

女性に人気の体脂肪計はおしゃれでかわいいデザインのものも多いです。

自分の目的に合わせて選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサードリンク



-健康, 雑学集
-, ,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.