ご紹介

『ヒゲ紳士また会う日まで…』幸手チャレンジャーが一時閉店しました

投稿日:

こんばんみ(´ε` )

『チャレンジャー幸手店』というパチンコ屋さんをご存知でしょうか。

 

※幸チャレ軍団公式サイト様

http://kaitottemita.com/

 

幸チャレと呼ばれ、3年ほど前からパチンコ動画を流してる、中小のパチンコ屋さんの小のホールです。

その存在が広く認知されたのは『日本人オーナーがパチンコ店買い取ってみた』という動画がニコニコにアップされ始めてから。

最初はみんな『パチ屋動画? いつものスロットの動画だろう』と観ていたのですが……。

その外装や内装のボロさ、台を入れ替える金の無さ、軍艦マーチが流れてた時代のお店の床などを見て、古くからのパチンコファンはみんなこう思った。

 

『やべぇこの店、いつ潰れるんだろう』

 

そして幸チャレのオーナー『ヒゲ紳士』氏の人柄が凄く良く『うちはこういう動画とかで流して、人を取らないと営業できませんよ』という自虐ネタをかます始末。

かまくらを作ったり、バラエティ豊かな動画内容ですよ。

マジで2018年にこんな店あるの!?レベルのボロ店ですよ(失礼

しかも営業スタイルは、薄利多売。

パチンコ打った事ある人なら分かる凄さ。

 

幸チャレに行けば3円交換で30回回る台もあります。

マル●ンに3万持っていけば1時間で消えますけど、幸チャレは10000円あれば3時間は遊べますね。

 

僕は2年前に、実は幸チャレに一人で行ったんですよね(笑)

店内には畳の休憩スペースとかあって、そこでごろごろしてもいいし。

みんなの差し入れで、休憩スペースには要らなくなったパチンコ台とかあったり、とにかく超適当なスタイルで楽しませよう、という試み。

 

動画の作りも『営業の数字を公開します』とか、真摯に客と向き合って少しずつ遊んでもらおうというスタイル。

 

 

昨今の抜く事しか考えてない『マル●ン』や『ダイナ●』のゴミカスどもは、爪のアカを煎じて飲ませてもらえと言いたい(負けてるので怒)

 

そんな幸チャレの何が凄いかって。

動画公開してから半年、1年くらいから少しずつ売り上げが上がっていって。

先日1月31日に、昨今の規制の為に店を縮小しなければならなくなったので、一回休業するといったんですね。

そうしたら全国から客が集まって、店内満席の勢いだった、と。

 

今日、その幸チャレの休業最終日の動画が、youtubeであがったんです。

コメント欄が『こんなパチンコ屋は凄い』『ひげ紳士の涙に泣ける』『大手も見習え!』と溢れんばかりのコメント。

 

すげぇよ……
こういう風にインターネットは使われるべきだ、と激しく思う…。

これそのまんま、作家の僕らにも言える事ですよね。

最初は誰も読まなかったのに、3年後にはプロになったり、売れたり。

パチンコ屋をなんとかしないと!と必死になってやった結果です。

オーナーのヒゲ紳士は人を雇う金も満足にないので、自分も毎日ホールに立って接客しながら動画作ったりして頑張ってたわけで。

その努力の集大成(また営業再開しますが)ですよね。

感動して僕もつい、うるっと( ;∀;)

あの不遇の時代から、10万再生をバンバン獲るような店になったってすげぇ……。

近隣のラーメン屋さんの宣伝したり、地域活性化とかちゃんとしてますし。

みんなが思ってるような『パチンコ=社会悪』に最も離れてる古き良き店、です。

そりゃパチンコなので、本気で負けようと思えばあの店でも10万くらい負けられますけど、ヒゲ紳士が見てるんで『うちの店であんまり金使わないでください』とか言ってきますからね。

新台買えないから古い台ばかりですけど、大学時代に打ってた15年くらい前のが置いてあったりして。

 

お客さんは、タイムスリップした気持ちにみんななれたと思う。

そんな幸チャレも、時代の波に飲まれて規制に巻き込まれてしまったか……。

新台買うお金もないから、規制が入ったら古い台使えなくなるんですよね。

僕はパチンコが基本的に好きなので、無くならないでほしいとは思ってるんですよねぇ…。

射幸性は求めてないから、幸チャレみたいな古い台とか、楽しめる台を置いて、もっとユーザーがそういうのを認知すれば変わってくると思うんですけどねぇ…。

パチンコメーカーはクソ台売ることしか考えてないし、ホールは買ったクソ台の利益を客から抜かないと行けないし。

昨今の衰退の原因は、間違いなくこの構図にある訳で。

台を買わなかったら幸チャレみたいに、遊べる設定で放置しておけるわけだし。

何も考えたくない時に、パチンコ打つとかそういう娯楽って無くならないでほしいと切に思う訳ですよ。

でも、これも時代の流れなんだろうな。

昔から楽しまれてきた文化が無くなるから、新しい物が生まれるわけで。

 

丁半の賭場で遊んでた江戸の庶民とかも、今の僕と同じような事言ってたと思うと、なんか時代の移り変わりを意識しますよ。

また幸チャレが営業再開したら行きたいですね。

こんなパチンコ屋もある、という事でのご紹介でした(´ε` )

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ご紹介
-,

Copyright© いちたの祭り日誌 , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.